結婚式と家族写真の出張撮影 HIROMI PHOTO

タケのお楽しみの1つ

投稿日:2009年7月4日

弓矢20091

我が家の長男 タケの趣味は、ゲーム、釣り、木登り、アスレチック、野球、サイクリング、まだ通った事の無い有料道路に乗って出かけてみたいなどいろいろあるのですが、弓矢で遊ぶ事もその1つです。年に1〜2度、主人の仕事関係の方々と家族ぐるみでBBQがあり、その際には、お父さん達が竹で手作りしてくれた弓矢で飽きるまで的当てを楽しんでいます。

「中学に入ったらアーテェリー部があるから、タケちゃんもやったら?」なんていう声も掛かっていました♪

〜撮影データ〜
ニコンD700
AF NIKKOR 50mm/1.4D
マニュアル露出 絞りF2.5 シャッタースピード 1/50秒
ISO 800  ホワイトバランスオート
ストロボ使用

どう?オラの技

投稿日:2009年6月30日

どう?オラの技

最近我が家の次男うーたんは、スケボーにハマっています。突然スケボーがやりたいと言い出した時には、すぐに飽きてしまうかもしれないからと、リサイクルショップで主人が見つけて来てくれました。
あれから一週間、飽きる事無くほぼ毎日乗っています。1年生のうーたんにはまだ早いんじゃないかな?なんて思っていたのですが、本人のやりたい気持ちさえあれば平気なんですね。

私は後ろにひっくり返りそうで怖いので、教えるのは専ら主人の役目です。毎日主人が帰ってくるのを楽しみに待っています。今は日没が遅いので、こども達もスケボーやキャッチボールの練習をしてもらえて嬉しいみたい♪

〜撮影データ〜
ニコンD200
AF NIKKOR 80-200mm/2.8ED
絞り優先 絞り F2.8  シャッタースピード 1/60秒
ISO感度 800 ホワイトバランスオート

美白美人♪

投稿日:2009年6月22日

美白美人

昨日、地域のこども会主催のレクリエーション(ミニ運動会)が小学校の体育館で行われました。上の写真は、障害物競走が終わった直後の、Mちゃんとそのお姉ちゃん。マシュマロ(たぶん)をゲットするために、粉でいっぱいの箱の中に顔を突っ込んで頑張りました。出場する選手は大変ですが、見ている方はとても楽しい競技です♪
Mちゃんは美白効果でますますかわいらしく変身?していました。

せんべい食い競争1

せんべい食い競争2

我が家の次男は、せんべい食い競争など4種目に出場。おせんべいがクルクル回り、思いのほか難しそうでしたが、ビリになっても最後まで手を抜かず走り抜いたところは偉かったな、と、また少し成長を感じました。

湯子レクには今回初めて参加させてもらったのですが、梅雨時期に体を思いっきり動かし発散する場を設けて頂いて、とても有り難く思いました。役員の方々には、準備や当日の運営など大変だった事と思いますが、ありがとうございました。

〜撮影データ〜
ニコンD700
AF NIKKOR 28-105mm /f3.5-4.5D
マニュアル露出 絞りF4〜4.5 シャッタースピード1/125秒
ISO 800  ホワイトバランスオート
ストロボ使用

にわか雨のおかげ

投稿日:2009年6月18日

紫陽花2009

先日私が電話応対中に、急に雨がぱらついたらしく、すぐ外で遊んでいた長男とお友達がわらわらと家の中に入って来ました。気がつくと外に干してあったはずの洗濯物も、バサッと畳の上に置かれています。

「タケが取り込んでくれたの?」とビックリして聞くと、
「ふつう雨が降ったら、入れるの当然でしょ!」とさらりと言ってのけました。

何だかものすごく嬉しくなって、むぎゅっと抱きしめていい子いい子してあげたくなったのだけれど、お友達がいたのでやめておきました。(笑)いや、お友達がいなかったとしても、5年生の長男は激しく嫌がったと思いますが、なんだかそれぐらい嬉しかったんです。にわか雨のおかげです♪

〜撮影データ〜
ニコンD700
AF NIKKOR 50mm/1.4D
マニュアル露出 絞りF1.4 シャッタースピード1/8000秒
ISO 250 オートホワイトバランス

ルーキーズ卒業、良かったよ♪

投稿日:2009年6月8日

湯河原のルーキーズ1

皆さんお元気ですか?わたしはおかげさまで元気に過ごしています。

週末は雨で野球の練習が中止になったので、こども達と一緒に映画 ROOKIES を見に行ってきました。このところTVの再放送を見て私も熱くなり、「行こうよ♪映画一緒に見に行こうよ♪」としつこく(?)誘い、チャンスを伺っていました。笑
内容については楽しみにしている方のために触れませんが、私自身が最近強く感動することを求めていて、川藤先生を始めニコガク野球部のメンバーがそれに見事に応えてくれました。

「GO!ニコガク、GO!」と、気合い入りまくりの掛け声や、「よっしゃー」とガッツポーズを決めるシーンも気持ちが良く、湯河原サンデーズのみんなもちょっと真似してくれたらいいのになぁ〜なんて思ってしまいました。いつも写真を撮る際、良いプレーの直後には嬉しそうな動作が表れるのではないかと狙っているのだけど、シャイな子が多いのか、なかなか出ないんですよね。

ROOKIESを見終わってからも、あのシーンの切り取り方は良かったなぁとか、熱血川藤先生にまた会いたい(映画やDVDをまた見たい)なぁとか、GReeeeNの曲、遥か&キセキはますます好きになり、携帯の着メロにも設定し、その余韻に浸っています。
館内では右隣に女子中学生が3人で見に来ていて、本来は中高校生をターゲットにした作品なんだろうなと思いながらも、私自身はもちろん、6歳の次男も「かっこよかった!」と飽きる事無く楽しめる、素晴らしい映画でした。

湯河原のルーキーズ2

〜撮影データ〜
下の画像
ニコンD700
AF NIKKOR 28-105mm /f3.5-4.5D
絞り優先オート(+1補正) 絞り F5.6  シャッタースピード 1/320秒
ISO感度 200 ホワイトバランス快晴

ケンカのルール

投稿日:2009年5月28日

次男は帰宅後や休日、お友達とよく遊びます。
そして時にはケンカもするようです。
先週も
「うーたん(次男)がM君にいじわるしたから、T君と一緒にやっつけた!」と、H君がわざわざ家まで言いに来てくれました。

次男はそのことについて何も話そうとしませんでしたが、低学年のうちは他の子が教えてくれる事もあるので、状況が少しでも分かり助かります。実は、その出来事と前後して、次男がお友達を引っ掻いたり、目にパンチをしたという事を担任の先生から電話で知らされました。

これまでこども同士のケンカは、多少は仕方がない(避けられない)し、おたがいさまだろうと思っていましたが、我が子が他人を傷つけたとなると、平静ではいられません。そうした時の対処の方法として、その時に何があったのか、こどもの言い分にも耳を傾ける事が大切だと、後から相談に乗って頂いた方に教えて頂いたのですが、その時には友達を傷つけてしまった事について、感情的に怒る事しか出来ませんでした。
例え相手が先に仕掛けて来たにせよ、傷跡を残す程引っ掻いたり、怪我をさせてしまったら、やった方が全面的に悪いと、我が子を否定しました。

「お母さんが話を聞いてあげなくて、誰がこどもの気持ちをわかってあげられるの?」相談した際にそう指摘され、ハッとしました。やってしまったことはもう元には戻せない。これからは爪が伸びていないか、私が気をつけてチェックするようにしよう。それから、もし嫌な事があったら、まず学校の先生や、親、その時近くにいる大人にすぐに言う(助けを求める)ことにしようと話しました。

トラブルが起こった際、話し合いで解決出来ればベストだけれど、助けてくれる大人がいなかったり、どうしてもやりかえしたい気持ちが収まらない時には、相撲の(突き出し技の)ように平手で、お互いに気が済むまでやりあうことにしよう、とも話しました。

ケンカにもルールがあり、棒や石など武器を持ってやってはいけない。顔や急所は狙ってはいけない。相手の後ろから攻撃するのは卑怯者のすること。と、今までにも亊あるごとに言い聞かせて来たのですが、これからも根気強く言い続けてゆこうと思っています。

ないしょばなし2

「もう○○なんかと遊ばねぇ!」と言ったりするくせに、またすぐにつるんでいるところがこどもの良さなんでしょうね。ケンカのルールを守って、これからも一緒に成長して行って欲しいと心から願っています。

〜撮影データ〜
ニコンD700
AF NIKKOR 28-105mm /f3.5-4.5D
絞り優先オート(+0.3〜+1補正)絞りF4〜4.5 シャッタースピード1/200〜1/500秒
ISO 200  ホワイトバランスオート
ストロボ使用

作品って何?

投稿日:2009年5月21日

踏切で〜す

先日主人から、「最近作品撮りしてないね、やれば」と言われた。

作品撮り、してないわけじゃないんだけどね。(写真展という形での発表は、確かにしてないけど…)

最近、公園にカメラを持って出かける事は少なくなったけど、それは、写真を撮るのも楽しいけど、今はタケとキャッチボールをするのも楽しいから。そして、キャッチボールをするには、重い一眼レフカメラは正直言って邪魔。

そのかわりに、少年野球をテーマとして撮りためて行こうと思っていたのだけれど、このところ当初の情熱が感じられないと、自分でも思い始めていた。

多分、私が一番撮りたいのは、公園で自由に遊ぶこどもたちの姿で、出来れば、タコ公園のこどもたちの第2弾みたいなものを、またやれたらいいなぁと心のどこかで思ってる。それが自分も撮っていて、楽しいから。

ところで、“作品”って何だろう。
辞書によると、“製作したもの。特に、芸術活動による製作物”とある。
私の写真は、“制作したもの”というよりは、“撮りたい被写体と仲良くなり、撮らせてもらったもの”だ。

その“撮らせてもらったもの”の中には、我が子もあるし、その友達もあるし、少年野球のチームメートもあると思ってる。それらを作品と呼んじゃいけないのかな…

〜撮影データ〜
ニコンD700
AF NIKKOR 50mm/1.4D
絞り優先オート(+1補正)絞りF2.5 シャッタースピード 1/1250秒 
ISO 200 オートホワイトバランス
ストロボ使用